FC2ブログ

SORAへ

東日本大地震
05 /28 2014



ちょっと懐かしいショット。

久しぶりに被災地に支援物資を送ります。

段ボールが大きすぎたのであわててグッズを足す始末。

送り先はSORA

すみきった空のもと暮らす犬たちへ。

スポンサーサイト

福島へ

東日本大地震
07 /30 2012



福島のボラさんへ支援物資を送ります。

昨年の夏の終わりに買いだめしていた

クールネックもようやく活躍できそうです。

会津若松より

東日本大地震
05 /03 2012
フードを送らせていただいた

福島県のボランティアさんよりお礼のメールをいただきました。

会津若松に避難してこられている

浪江町の方々に配布されたとのことです。


今回はご要望をお聞きしたうえで

犬用シニアフード、

アレルギー専用フード

猫用フードを

送りました。


ご協力ありがとうございました。

今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。

NDNさんの活動報告

東日本大地震
04 /10 2012
昨年の震災発生以来

動物救援活動を行われてきた新潟動物ネットワーク(NDN)さんが

活動報告、収支報告を発表されました。


震災直後、

福岡から何かできることはないかと

いぬねこカウンシル福岡さんと協力しながら

募金をはじめることにしました。

多くの皆様にご賛同いただいて

本当に感動しました。

ありがとうございました。

皆様からお預かりした寄付金は

いぬねこカウンシル福岡さんを通して

NDNさんにお渡ししています。


また現地の状況の変化におうじ、

NDNさんの救援活動も変わっていきました。

そこで9月からは

現地の要望に応じる形で

必要物資をお送りすることにいたしました。


さらに震災から1年が経過し、

自立支援の問題など、

救援活動もまた新たな局面にさしかかっているようです。

ペットシッターゆうでは

今後もNDNさんから情報をいただきながら

できることをやっていきたいと思っておりますので

皆様のさらなるご協力をお願いいたします。


   ペットシッターゆう・後藤真希


たとえばこんなやり方も

東日本大地震
03 /12 2012
どうぶつ救援本部福島シェルターの獣医師さんが

絵本を出版されました。

さくら 原発被災地にのこされた犬たち

いち早く災害現場に駆け付け

救援活動にとりかかった先生の思いがこもっています。

この『さくら』の物語は、あくまでもフィクションです。

ですが、わたしが救護活動の中で見てきた現実とかけ離れている、まったくの作り話でもありません。(中略)

悲しみを解決するには、真実と現実を、社会と政府に理解してもらい、

放浪して苦しんでいる被災犬や被災動物を、一匹残らず救出することだと思い、

この本を出版することを決めました。(あとがきより)



「すぐに帰れると思っていた家族。

必ずもどってくると待っていた犬たち。

あたり前だった毎日が

あたり前ではなくなったあの日から、

生きるために歩きつづける

原発被災地にのこされた犬たちの物語」です。


この本の印税はすべて、

救援活動に充てられるとういことです。

ペットシッターゆう

: ペットシッターゆうです。福岡市西部を中心に、大切なペットたちのお世話をさせていただいております。
「のも日記08」では、お留守番の様子やペットシッターゆうイチ押しの情報を紹介していきます。看板犬・のも共々、どうぞよろしくお願いいたします!