FC2ブログ

コロナになってしまったら、その時ペットは?

ペットシッターゆう
05 /14 2020
緊急事態宣言の解除にともない、少しずつ社会が動き出そうとしています。
どんなに気をつけていても、敵は目には見えないウィルス、
感染の可能性はだれにでもあることには変わりありません。

そんな状況のもと、
ペットと暮らす私たちが一番気になるのは
自分が感染してしまったら、ペットはどうなるのか?ということではないかと思います。

環境省のHPでは
感染拡大防止の観点から
ペットのお世話に家族やシッターが感染者のご自宅に出入りするのではなく
ペットを預かってもらうようにすすめています。
感染してからでは遅いので、事前に預かり先をさがしておくことは
ペットを守るためにはとても大事なことだと思います。

そしてペットを預ける側にも
預かる側にも
感染の危険性をできるだけ低くすることが求められると思います。
東京都獣医師会のHPには
預ける際、もしくは預かる際の注意事項が詳しく掲載されています。
ぜひご一読ください。

また福岡市動物愛護管理センターでも
感染者のペットを預かって下さるそうです。
詳しくは、お尋ねください。

ペットと一緒にこの困難を乗り越えるためにも
やはり一番大事なのは「備え」だと思います。
感染しないように十分に気を付けられるのと同時に
万が一の備えもぜひお願いいたします!


スポンサーサイト



狂犬病予防接種にいってきました

ペットシッターゆう
05 /14 2020
本日は、
狂犬病予防接種にいってきました。

moblog_0213ccc1.jpg

クレートの中で待機中。(ちょっぴり嫌な予感?)

病院は「密」を避けるため、
事前予約をしていきました。

狂犬病予防接種は6月末までにうけることになっていますが、
今年は集合注射も中止、
コロナの感染具合をみながら
7月以降でも大丈夫なように厚生労働省も検討しているとのことでした。

密を避け、無理のない程度での接種をおすすめいたします。

ペットともソーシャルディスタンス

ペットシッターゆう
05 /04 2020
ニューヨークでペットの犬(パグ)に新型コロナウィルスが感染したそうです。

犬が型コロナ陽性

これまでに犬や猫、そして動物園のトラやライオンなどの感染が確認されています。
動物からヒトへの感染はまだ報告されていないようですが
ともに暮らすペットであっても適度な距離を保つということが
お互いを守ることにつながります。

5月になりましたね

ペットシッターゆう
05 /04 2020
また少し更新が滞ってしまいましたが
みなさま、お変わりないでしょうか?

私も周辺の者も、体調その他変わりなくすごしております。
かなり久しぶりのゴールデンウィークですが
自宅周辺でウロウロしています。

連休明けに事態がどう変わるのかが気になるところではありますが、
今を、今日を、確実に、心も体も健やかに過ごしていくしかないと思います。
なかなか心を健やかに保つのが厳しい状況ではありますが、
その時は深く深く呼吸をゆっくりとするといいそうですよ。

そして、この機会に何かスキルアップしようと
ただ慌てていただけの飼い主とは違い、

moblog_86c3aea5.jpg

苦手な川を克服した愛犬。
ドヤ顔です。
負けないように、がんばります!

ペットシッターゆう

: ペットシッターゆうです。福岡市西部を中心に、大切なペットたちのお世話をさせていただいております。
「のも日記08」では、お留守番の様子やペットシッターゆうイチ押しの情報を紹介していきます。看板犬・のも共々、どうぞよろしくお願いいたします!